+ a beaker +

 
甘くしすぎない、ガラス器を使ったグリーンのコーディネイト。それが最初の御要望でした。
ゆっくり時間をかけていろいろお話を伺ううちに、新婦様のお好みとする雰囲気も、だいぶ自分の中で手ごたえがあるほどに近づくことができました。具体的なお花はおまかせの部分も多く頂いたので、あとはそのつかみとった雰囲気を、どのように花で形にしていくか。

 チャペル部分は、会場装花と共通するグリーンのバラを入れつつ、ちょうど旬で豊富に出回っていたジャスミンとアジサイを使用。祭壇両脇は白の蘭をクラウンに見立てて、アジサイを覆うようにあしらっています。
 そしてひとつの見どころとなる螺旋階段は、思い切って小さなビーカーにこれも小さな蘭をいれて空中に飛ばすように。ちょうど製作を請け負ったウェルカムボードのお話をしているときに、「以前お仕事で少しビーカーを使ったこともあるのでちょうどよいですね」、というお言葉をヒントに、階段とウェルカムボードの装飾にビーカーを用いることにしたのです。

 しかし、宙にうまく浮かぶかどうか、実際につけてみるまで分かりませんでした。しかし、この日アシスタントを務めてくれたNさんは頼りになる人。「ビーカーつきました、どうでしょう?!」と呼んでくれた瞬間を、いまだによく覚えています。Nさんに限らず、この日はスクール実習の生徒さんが多く参加してくれて、そのおかげで最後の最後まで、細かなところも微調整を重ねて粘ることができました。一会の仕事は、自分一人ではできない、という事実をこの文を書きながら、今更のように思います。この場を借りていつも実質的にも精神的にも支えてくれるアシスタントスタッフの皆に、改めてお礼を申し上げます。私にとって、新婦様からのお礼の言葉が何よりの報酬であるように、おそらく皆もそう同じなのだ、とも思うのですが・・・。

 お式の翌日に、長い、丁寧なメールを下さった新婦様。そのほぼ全文を下記に転載させていただきました。笑顔が素敵なお二人のアルバムページはこちらへ



 

一会 岩橋様

昨日はブーケ作製、会場装花をどうもありがとうございました。

最初のグリーンのブーケ、一会さんらしい優しさのあふれるブーケでドレスとの相性もバッチリ!グリーンの中にすこしピンクが入っていたりして、希望以上の私のためのブーケでとっても嬉しかったです。お色直しのブーケは繊細な作りのスリムブーケに感動!これもドレスととても合っていて、雰囲気をガラリと変えることが出来ました。しかも2次会にも使うために時間をずらして持ってきていただくというお気遣いまでしてもらい、感激でした。

グリーンのブーケを友達にプレゼントしたら、とっても喜んでくれました。(素敵なブーケだったので、実は後ろ髪を引かれる思いでしたが・・・・(笑))

お色直しのブーケは今、家に飾ってあります。もう、一日以上過ぎているのにまだ元気な花達にびっくりです。

会場装花も、甘すぎず、さわやかなイメージを素敵に表現していただき、ありがとうございました。残念ながらあまりゆっくりとそれぞれの装花をみることが出来ず、後悔してます。でもでも、すごいなぁと思ったのは、螺旋階段の試験管を使ったアレンジです。とっても個性的でかわいくって、興奮しちゃいました!!

ウエルカムボードも会場装花とトータルコーディネートされていて、嬉しかったです。今は玄関に飾ってあります!写真が出来てきたら、写真をはさんで飾ろうと思ってます。

そして、リングピロー。かわいい上に、とってもいい香りがして感動です!!!チェアフラワーもコロンとかわいらしく、私好みの色合いに挙式リハーサルから嬉しくなっちゃいました。

素敵なお花達、そして一会さんの細やかなお心づかいに、本当に一会さんにお願いしてよかったと思っています。

素敵な一期一会をありがとうございました。

長々と失礼しました。

本当にありがとうございました。



本当にありがとうございました。
お手伝いできたことを、心より嬉しく感謝申し上げます。