ジュリア
バラ:八重
圧倒的な人気を誇る、紅茶色のバラ。新婦さまがブーケにこの花を、と指定されることも多く、一会自身も、最もよく使うバラのひとつです。これは、4月の「オードリー」の事例写真を気に入ってくださった別のお客様のウェディングパーティ。季節は正反対の11月でしたので、実ものやシルバーリーフを加えてより落ち着いた雰囲気で。階段やテラスの手すりには、ミニリースで作った花束を青のリボンで結びました。この青のリボンはテラスやウェルカムボードにも使用して、統一感を出しました。白い麻かごやモスポットに入ったゲストテーブルをはじめ、ほとんどの花がお持ち帰りできるように仕上げてあります。
写真をクリックすると大きな画面になります。