+Van Gogh sunflower+
 
 7月、ヒマワリをたっぷりとあしらったウェディングです。

 最初の御相談時にはバラなどを想定していたのですが、何度かメールをやりとりするうちに、
お二人とも美術に造詣が深く、とりわけゴッホは大好きな画家だということが判明。
 そこで、メインの花材には「ゴッホのひまわり」を据えて、今たくさん出てきている新しい品種の
ひまわり、プラドレッド(黒色)やルビーイクスピアリ(複色)などをあわせることにしました。

 会場には、水のゼリーをいれたグラスを並べて、ミニブーケ仕立てのヒマワリを。
今回の裏テーマは
「花束」にして、チャペル装花のチェアフラワー、階段の手すりの花もミニブーケで統一しています。
印象的な螺旋階段には、その場でふと思いついて幅広のリボンを全体にかけわたしてみました。

 装花をお持ち帰り用に梱包するためにお伺いすると、ちょうど写真撮影をなさっているところでした。
遠く、片隅からそっと会釈したら、きれいなエメラルドグリーンのドレスにお色直しなさった新婦様が
気付かれたとたん、駆け寄るように、会場の暗がりにいる私たちのところまで来てくださって、
何度もお礼をおっしゃってくださったことが、今も鮮やかな絵のまま忘れられません。

本当に、ありがとうございました。


 


お写真のアップが遅くなり申し訳ありません。
お手伝いできたことを、心より嬉しく感謝申し上げます。

home topic party flowers bouquet school about order mail